慶應義塾大学病院 予防医療センター

医療関係の方へ

一般的な人間ドックの目的である疾患の早期発見。それに留まらず、健やかに長生きできるような健康増進や、一人ひとりの人生に寄り添い、将来起こりやすい病気を診断・予測し、予見的な介入を行う。

このような先制医療を実現すべく、私たち、慶應義塾大学病院予防医療センターは、信濃町から麻布台ヒルズに拡張・移転いたしました。あらゆる世代の人々が生き生きと暮らす未来を実現するため、我々は一丸となって、新たな医療を創造して参ります。