文字の大きさ

  • 中
  • 大

慶應義塾大学病院 予防医療センター 人間ドック

  • お申し込みはこちら
  • ご予約・お問い合わせ(平日8:30-17:00)03-6910-3553

レディースドック

こんな方におすすめ!

  • 子宮・卵巣・乳腺を総合的に検査したい
  • 女性特有のがん(乳がん・子宮頸がん・卵巣がんなど)が気になる
  • 婦人科診察を希望する

フォローアップのイメージは?!

異常所見がある場合は、迅速に専門外来へご紹介いたします。
このドックは所見がある場合をのぞき、結果報告書の書面によるご報告となります。もちろん結果報告書で不明な点があるなど、医師との面談を希望する場合は、フォローアップ面談の設定が可能です。お申し込みについては、受診後コーディネーターにご連絡ください。

このドックで何がわかるの

 女性特有の器官の病気を早期に発見するために最適なドックです。
 子宮頸がん、乳がんの検診はもちろん、経膣超音波や骨盤MRIで子宮・卵巣など婦人科臓器を、内側と外側両方から詳細に検査いたします。
 なお、婦人科診察は男性医師が担当する日もございます。
女性医師による診察をご希望の場合は、お電話にてご予約ください。

検査項目詳細

専門医による婦人科診察

指を腟内に挿入して、子宮や卵巣などの状態を調べます。内診台という専用の診察台に乗って診察を受けます。子宮自体の大きさ、前屈・後屈、左右の向き、形、かたさを調べます。

子宮頸部細胞診

子宮の頸部(入り口)の粘膜から細胞を採取して観察する検査です。検査器具を使って細胞をこすり取り子宮頸がんの発見に役立てます。

経腟超音波

経腟プローブという棒状の超音波発信装置を腟の中に挿入して検査します。子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣のう腫など、子宮や卵巣のトラブル・病気を調べるために欠かせません。

コルポスコピー

コルポスコピー検査というのは、子宮の頸部を拡大して観察する検査です。 病変部を分かりやすくするために酢酸という試薬をかけて、変化を観察します。

マンモグラフィ(乳房X線)

乳房専用のX線検査で、乳房を2枚の板で挟むようにして撮影します。小さなしこりだけでなく、触診や超音波ではわからない微細な石灰化を発見することができ、乳がんの早期発見にとって非常に有用な検査です。

乳房超音波

ベッドに仰向けになり、ゼリーを塗った探触子を胸に滑らせるようにして、乳房の断面を画面に映し出します。指には触れない数ミリの小さなしこりの発見も可能で、乳腺が発達してマンモグラフィでの診断が困難な方にも適しています。嚢胞(液体の溜まった袋)、腫瘤などの発見に有効です。

骨盤MRI(子宮・卵巣)

約20分間、トンネル状の寝台に仰向けに寝た状態で子宮・卵巣周辺を撮像します。検査中は大きな音がするので、耳栓を装着していただきます。子宮頸がん・子宮体がん・子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・卵巣がんなどにの発見・観察に有効です。

骨密度測定

微量のX線を用いて約5分程度、ベッドに仰向けに寝た状態で検査します。腰椎と大腿骨頸部で計測を行い、骨粗鬆症の診断や骨折の危険性の評価が可能となります。経時変化を確認するために継続受診がおすすめです。(人口関節など体内に金属がある場合、評価は参考値となります。)

↑PAGE TOP